J-39.5

COMPASS プロジェクトのきっかけとなった、ボーエモーエンセンの J-39。

私たちがヴィンテージ家具を扱う都内の倉庫を巡っている中で、片脚がなかったり、背もたれが割れてしまっている J39 に出会い ました。 海外からの輸送中に破損してしまったようで、修復するにも通常よりコスト、時間、労力がかかるという状態でした。倉庫の奥深 くに眠り、おそらく倉庫整理の際に処分されてしまうだろうそれらの椅子たちに、何か新しい価値を生み出すことが出来るのでは ないかと感じ、私たちは壊れた椅子たちを引き取ることにしました。 はじめは、破損してしまった部分を何かしらの新しい素材を使用して復元することを試みていましたが、新しい素材が加わることで、 オリジナルではなくなってしまうのではないかと思いました。加えて、モーエンセン自身もシェーカーチェアをリデザインして J39 を生み出したという周知の話もあり、新しい材料を加えるのではなく、残っているパーツを使用して J39 をリデザインする ことを目指しました。 解体することで、それぞれのパーツの特徴や仕口、納まりなどが理解できると同時に様々な可能性が拡がりました。分解されたパー ツを再構築し、一度失ってしまった機能を、もう一度与えることで新たな椅子として蘇りました。元々の椅子の形からは大きく変 わりましたが、J- のパーツを使用して組み上がった新しい椅子です。

パーツが破損し、機能を失ってしまった椅子は、J39 とはなれず、私たちが . デザイン加えることで、「J39.5」として、生まれ 変わりました。

J39 by Borge Mogensen – inspiration for the COMPASS project

While we were visiting a warehouse in Tokyo that dealt in vintage furniture, we came across a J39 that was missing one leg and had a cracked backrest. The chairs had apparently been damaged in transit from overseas, and repairing it was more costly, time-consuming and labour-intensive than usual. We decided to take the broken chairs back from the warehouse, as we felt that we could create new value for these chairs, which would probably be disposed of when the warehouse was reorganised.

At first, we tried to restore the damaged parts using some kind of new material, but we thought that the adding new material would make them less original. In addition, it is well known that Mogensen himself redesigned the Shaker chair to create the J39, so we realized that our aim is to redesign the J39 using leftover parts rather than adding new materials. By dismantling, we were able to understand the characteristics of the individual parts, their finishes and fit-outs, at the same time, it is opening up a variety of possibilities. The dismantled parts were reassembled to create a new chair. The new chair is a significant departure from the original chair shape, but it was built using parts from J39.

The chair, which had lost its functionality due to damaged parts, could not become J39, but with our design (+0.5), it was reborn as “J39.5”.